納内地域について

納内の歴史

納内の歴史は、明治28年から29年にかけて屯田兵が入植したことに始まります。入植戸数は200戸。1戸当りの開拓区画は間口50間、奥行200間で1万坪(3.3ha)と、同時期に開拓された旭川市、当麻町、滝川市、深川市一已、秩父別町などと比べるとおよそ倍の面積でした。

納内の屯田兵村の立地は、「背後を丘陵部に、前面に川の流れを望む、いわゆる風水でいう山水の地形にかなう場所であり、兵村の範囲も山から川までという地形的まとまりに対応する拡がりになっているのを見ることができる。」※ と指摘されるように、理想的な立地を求めた結果と言えます。

敷地の選定にあたっては、「地域の小高い丘や山に登り原野を眺め土地の視察を行った場所が、国見峠や将軍山などと名付けられ、そこからの見通しが兵村の区画割りや軸線や範囲を決める手がかりになった。」※とされるとおり、納内の国見は国見峠(現在は国見公園として整備)から行われ、丸山やコップ山、尚武山などが軸線を決める手がかりとなっていることが伺えます。

鉄道が開通するのは明治31年ですが、駅は中隊本部などのおかれた屯田兵村の中心から宅地の奥行200間離れた所におかれ、その間が商店街となっていきました。納内神社が駅前通りと道々の交差点という現在の位置に建てられたのは明治35年ですが、屯田兵村の中心がそのまま、駅、商店街、神社などにかわり、現在でもまちの中心を形成していることがわかります。

※引用及び図版とも出展は「北海道開拓の空間計画(柳田良造 著)」より

ページトップへ