熱闘!クラーク高校野球部 お知らせ

クラーク野球部慰労会を開催しました!

今シーズンの公式戦を終えたクラーク高校野球部の、この1年の健闘を称え11月1日に慰労会を開催しました。
クラーク高校の今夏は、全国高校野球北北海道大会にみごと3年連続3回目の出場を果たし、待望の第100回記念甲子園出場こそ逃しましたが、立派に準優勝を収めました。
納内時計台プラザには会員と生徒ら85人が出席して、地元の深川市赤十字奉仕団納内分団の皆さんが作ったオードブルをつまみながら交流を深めました。
交流の中で、佐々木監督、佐々木部長と1・2年生の生徒達が、来年の第101回甲子園出場に向けて力強い決意が述べられ会場から大きな拍手がおくられました。
3年生は、それぞれの進路について強い決意と抱負を語り、この3年間で立派に成長した姿に大人達は目を細めて聞き入り激励の拍手をおくりました。
また、4月に創部される「女子バレー部」の掛屋監督も同席され、野球部同様の支援のお願いと抱負が述べられました。








  • 鶴岡会長あいさつ 鶴岡会長あいさつ
  • 会員と生徒が一緒に 会員と生徒が一緒に
  • 3年生の次の進路に向けた抱負 3年生の次の進路に向けた抱負

ページトップへ